七色CANDY☆★
七帆さまスキすぎるー!!!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラインアップはっぴょー!!(大劇場) | コムさん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラインアップ(バウ・シアタードラマシティ)





月組◆宝塚バウホール:2008年1月2日(水)〜1月13日(日)
◆宝塚バウホール:2008年1月19日(土)〜1月29日(火)
<一般前売開始:(両期間とも)2007年11月24日(土)>

宝塚バウホール開場30周年
バウ・ワークショップ
『ホフマン物語』
−オッフェンバックによる−
脚本/菅沼潤  脚本・演出/谷正純

バウホール開場記念公演として上演した、フランスの作曲家オッフェンバックによる原曲の持つ良さや親しみやすさは生かしつつ、そこに現代的な感覚も加え、詩人ホフマンをめぐる幻想的な恋を表現した、ロマンティシズム溢れる作品。新劇場でのオペラ上演への挑戦、新機軸を打ち出した装置など、実験劇場バウホールの第一作に相応しい舞台となりました。また初演時に、朝比奈隆氏指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団による録音演奏の音楽を使用したのも画期的なことで、今回の再演においてもその音楽を使用します。

■主な出演者・・・(月組)青樹 泉/明日海 りお(上記各公演期間の出演日程については未定です)



みりおすげぇ〜

花組
◆宝塚バウホール:2008年2月7日(木)〜2月17日(日)
◆宝塚バウホール:2008年3月1日(土)〜3月11日(火)
<一般前売開始:(両期間とも)2008年1月5日(土)>

宝塚バウホール開場30周年
バウ・ワークショップ
『蒼いくちづけ』−ドラキュラ伯爵の恋−
作・演出/小池修一郎

「美しいものだけに永遠の命を与えよう……」。1887年、ロンドンを訪れたルーマニアのドラキュラ伯爵は、富豪令嬢と約束を交わします。ヴァンパイア伝説を下敷きに100年の時を巡る伝奇ロマンで、1987年に紫苑ゆうを中心とした星組により上演。宝塚歌劇では異色の題材ながら、1幕ではクラシカルで耽美な美しさ、2幕では現代のドラキュラ伯爵の恋をポップに描き、大好評を博した作品です。

■主な出演者・・・(花組)真野 すがた/朝夏 まなと(上記各公演期間の出演日程については未定です)



おもしろそ〜!まぁくんがんばれ〜



このワークショップ、宙と星と雪やたら気になる〜!!
主演誰やろ〜??
七帆さんとかチギとかカズくんとかコマちゃんとかに勝手に期待します!!(笑)




星組
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演
2008年3月13日(木)〜3月25日(火)
<一般前売開始:2008年1月12日(土)>
◆東京特別公演(会場:日本青年館大ホール)
2008年3月31日(月)〜4月7日(月)
<一般前売開始:2008年2月24日(日)>
◆名古屋特別公演(会場:愛知厚生年金会館)
2008年4月12日(土)〜4月14日(月)
<一般前売開始:2008年2月8日(金)>

ミュージカル・ロマン
『赤と黒』
―原作 スタンダール―
脚本/柴田侑宏  演出/中村暁

19世紀中期のフランスの文豪スタンダールの長編小説「赤と黒」を原作に、主人公ジュリアン・ソレルの恋と野望をドラマティックに舞台化した作品。この作品は1975年、宝塚大劇場月組(主演・大滝子)で上演し好評を博した『恋こそ我がいのち』(東京公演では『赤と黒』)を、1989年、宝塚バウホール公演(主演・涼風真世)のために改編を加えましたが、今回星組公演として更に新しく手を入れたものです。


■主な出演者・・・(星組)安蘭 けい、遠野 あすか



とうこさん、おめでとう〜!!念願の「赤と黒」ですね!!

もう寝ます・・・・眠い。
| 宝塚☆ | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:50 | - | - |









TRACKBACK URL
http://qp-2824.jugem.jp/trackback/118
TRACKBACK

*ENTRIES*
*COMMENTS*
 
*CATEGORIES*
*ARCHIVIES*
*LINKS*
*OTHRES*
Search this site.
拍手